行楽地

桜が咲いていました、下妻でも。

秋の好天に誘われ、車で一時間ほどの下妻市をツレと訪ねた。二十年ほど前に家族連れで遊んだ「砂沼サンビーチ」を会場とする何とかフェスティバルを、一応の目的にして行ったのだが、途中立ち寄った「下妻図書館」の近代的、充実度に驚き、「市立ふるさと博物...
ジョーク

リクルート上場、江副さんどうしているかな

リクルートが上場した。時価総額の大きさにおいても、子会社のリクルートコスモスの上場時の政官界との癒着騒ぎでも話題の銘柄、昨今の低迷の株価局面での健闘、流石である。自分の息子が新卒でほんの一時同社にいて、めくるめく時間を過ごしたようで、そのせ...
ジョーク

エボラウィルスが教えてくれるもの

エボラの世界的感染が騒がれている。数年前にも「アウトブレイク」で映画化されたが、レベル4の強烈なウィルスである。感染してごく短い潜伏期を経て、体中の穴という穴から出血して死に至る。 ただ、昔からあったはずの病気で、しかしながら潜伏期間が短い...
その他

親想う心に優る親心

辞世の句 みんな言いウタ残してるよな。大体、切腹とかの時だから、絶対、用意していたんだろうな。吉田松陰は二つあって、弟子向けの勇ましいのは、「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」家族(親)向けには優しく、「親想う 心...
ジョーク

宇宙からの帰還

前回のガガーリンから、アメリカNASAの宇宙飛行士の話。 アポロ計画で大気圏外へ出たり、11号で人類初めて月へ降り立ったり(これは虚構だという映画「カプリコン・1」などもあったが)、13号で故障して地上との連携で奇跡的に生還したり(これも幾...
哲学・生死

葬式無用 戒名不要

初っ端からお葬式の話だが、今はやりの終活とは別ものの葬式感とでもして遺しておきたい。タイトルはかの白洲次郎の遺言だが、かつてこれを知った時、「これだ」と胸にストーンと収まったもの。 そもそも知人の葬式に「したくて」参列している人って相当わず...
その他

ブログ デビュー

皆もすなるというブログを、我もしてみむとてするなり。(土佐日記 風) 自分の書き溜めた、よしなしごとを、整理整頓してみます。 「井戸の茶碗」は、ご存じ”正直清兵衛”=くずやさん が織りなす、名作落語から。 あり得ないような、いや日本ではあり...